聖者シリーズ AMMA The Divine Motherアンマ ディバインマザー
   

聖者シリーズ
AMMA The Divine Mother
アンマ ディバインマザー
ワンネスユニヴァーシティ編
勝浦由子訳 
定価1800円+税
ISBN978-4-86103-086-4 C0014
初版/2011年8月 


インドのヴェーダを今の体験談でひもとくと…
読後に、生きることが楽しくなる、携帯必需書。
愛はあるかないかのどちらかである、わずかな愛、たくさんの愛という概念はない…シュリ アンマバガヴァン。


  アンマの公開ダルシャンに初めて来たある信奉者が、アンマを注視するや否や、素晴らしい過去生の啓示を受けました。肝をつぶして、彼はアンマの個人的接見を求めました。 アンマは、彼の内側で密やかに起こっていることを、すべて知っており、彼の日を覗きこみ、長敬の念に打たれた支持者に青いました。
「私はあなたに、ある一つの体験を授けるのに時間を要しません.一瞬の時の中に教生にわたる記憶を凝縮することができます。それは神祖的体験の秘密です。私はあなたに、いくつかの宇宙を横断させることが簡単にできます。
しかしながら、このことはマインドの中に留めておきなさい.神秘体験は沢山起こりますが、それらが成熟している人に起きたとき、その人を深い覚醒へと導きます。神や宇宙の真実を解きほぐすためには、ただひとつの体験が重要なのです。

 

聖なる詠唱

 

おー汝は、全ての物質の中に存在せり1 
お−汝、物質のもたらせし事兼1 
お−汝、享楽から来し妄想1  
お−汝、妄想に相応しき清澄1 
お−汝、わが心をいと小さきものに量らせし暗闇1 
お−汝、暗闇を全て明らかにせし知識の光1  
お−汝、いと明るく磨きし光鱒1我、汝の深き霊力を測りLはこと不可能なり−   
お−、我が女神アムビカよ。                 アビイラミ・アンダァティー

 

空に歩み入る 

  実の父の色情的な態度と前夫の肉体的毒力によって疲れ果て、私はワンネス・ユニバーシティにやって来ました。プロセスは私をとても解放し続けました。最初の数日、私のプロセスは大変良い状態で前進していました。それから突然、私は私の精神的成長の前に立ちはだかる目に見えない障壁を感じました。21日間の中間あたりで、私たちはアンマのダルシャンを受けにネーマンへ行きました。ダルシャンの聞、アンマのパワフルな臨在が私を満たしました。私は私の旅が再び始まったことを確信しました。
翌日、祝福を受けた後、シャバアサナで横になるや否や、アンマが私のすぐ隣に立っていました。私はアンマと一つになりました.アンマの臨在が私を完全に満たしていました。それと共に、情動的思考、機能的思考、怒りの思考、実践的思考といったありとあらゆる種類の思考もまた、私の頭の中を流れていました。そしてプレゼンスは、これらとの患者にも、反論したり否定するということがないように患われました。マインドのおしゃべりとアンマの臨在の両方が私の中にある、ということを完璧に見ました。
しかしながら、これらの思考が経過していく中で、性的な思考とイメージが私のマインドにやってきた時、抵抗があって、プレゼンスは穏やかにそれを退けました.それはあたかも、アンマが私の抵抗が衰えるのを待っていたかのようでした。それからプレゼンスは再び強くなりました。突然一瞬のうちに、プレゼンスがあまりに強くなって、私はプロセスに身を委ねました。私は私の頭が爆発していくところを感じました。それがあまりにパワフルだったので、その瞬間プロセスが前進しました。私は私が身に付け続けていたものを見ました。そして分かったのです。その抵抗の背後には、数千年に亘る社会と宗教による条件付けがありました。アンマは私を見て微笑むと青いました。「全人類の苦しみは概念・観念が原因となっているのです。」プロセスはとても順調で円滑なものになっていました。私はアンマの意思と共に流れていました。

  子供時代からのすべての出来事が、私の目の前にフラッシュのように写し出されました.小さな女の子が、若い男の子や実の父親から自分を守り、保護するために謝っていました。私は彼ら全員から、汚い言葉で虐待きれ続けていたのでした.内蘭で、私の怒りは完全なものとして体験されたと患われました。事実それは、私に喜びを与えてくれました。怒りは尽き果てて、ついに憎悪と心の傷は消え行きました.実際にはそれまでも、私はセックスや性的考えを楽しんできていたことや、またその一方でセックスへの憎悪を創りだしていたものが、私の条件付けであったということを見たのです。 この私自身の映像を受け入れることは、難しいものでした.アンマの愛の臨在は、私がその映像を受け入れることさえも助けてくれました.私は私を妊娠していた時の両親を、体験し始めました。私は、私を生み創り出す行為を遺して彼らが感じていた、無意織の罪恵感と醜恵さを見ました。
アンマは私に舌いました。「あなたの人格を形成する穂となってきたのが、これらの情動と息考なのですよ。」と.性それ自体は、何も冒涜的なものではないにもかかわらず、非難や罪恵感や怖れが、すべてのものごとを神聖ではないものにしてしまっているということを、私は見ました.アンマは私に、創造の全体を−そしてすべての連れ添うつがいの動物を見せました。神聖なるものと冒涜的なものを区別するすべてのものが終わりを告げました。ワンネスがありました。私は起き上がって座り、私の周りにいるすべての参加者を見ました.その時見ている人は私ではなく、世界を見ているのはアンマでした。私は、彼女の子供たちの苦しみ−無知から生まれ彼ら自身が創り出した苦しみを体験している聖なる母でした。私は宿泊所に歩いて戻りました。私がその宿泊所でした。アンマのプレゼンスとマインドがその全ての息考と共に、共存しています.驚くべきことは、私がこの意譲状態で完全に機能しているということなのです。私は空の中に歩み入った思慮深い覚書のような感じがしています。


ワンネス現象の創生と歴史の概要 

  『ゴールデン・ボール』がこの世界に降ろされたことは 『ワンネス』現象の誕生を特赦づけるものです。その年は1989年で、日付は7月l,日のことでした。私たちはそれをヂィパインの恩寵のゴールデン・ボールと呼んでいます。国家・宗教・階級・民族といったどんな種類の境界すら全くない、デイパインに満たされた世界に向けて『アンマ・バァガバン』のピジョンは、その時から明らかに始めました。ジーバアシユラムという、アンマ・バァガバンが設立した学校が、ディパインの奇跡のための理想的環境を準備しました。まもなく、その後を継いだのは、ワンネス現象に宿った存在、アンダリアーミンでした。シユリ・クリシュナという若い少年のハートの中に、その存在は現われ、彼に話かけました。この若い少年は、それ以後、友達や学校の仲間の覇に手を置くようになりました。すると同じようなことが彼らにも起こるようになりました。
ヂィパインと共に歩き、おしゃべりをするという事が、伝染していきました。これが後に、ワンネス・プレッシングつアィクシャ)として知られるようになった現象の始まりです。まもなく、すべての生徒たちが、彼らのハートの内側において、アンマとバァガバンと対話することが約束されているのを見出しました。この時期、人々はこの学園を、神の土地と呼びました。殆どの子供たちが、アストラル界への旅や、過去生の体験、神勅的なピジョンといったことを、日常の話題としていました。学園はヂィパインの意識によって満たされていました。途切れることなく数週間ものあいだ、天国に昇った聖者たちが学園を歩いていました。 その学園はその後、ワンネス・ムーブメントの最初の精神的な中心施毅となり、『サティアローカ(天国)』真実の住まう処、と名付けられました。 

  最初のリトリートは1990年4月18日に行われました。咄人の探究者が、心から待ち望んでいた祝福の体験を受け取りました。ワンネス・ムーブメントは前進し始めました。ありとあらゆる職業の人々、老いも若きも、男も女も、子供たちも、恩恵・奇跡・ハートの変化を求めて、このコースに参加しました。また何人かは、失われた神とのコミュニオン(合一・交感)を再び発見するために、コースに参加しました。
バァガバンは、人間から分離することなど到底できない、神というものを再定義しました。 r神と人は同じものではありませんが、また異なるものでもありません。神と人は、同じ一つの実在の両端なのです。」とバァガバンは青います。神と人の相互依存の中に、この永遠に続く関係の喜びが横たわっています。個人的な神(アンタリアーミン)というイデア(表象)は、瞬く間に拡がっていきました。人々が学園に群がるように押し寄せ、彼らのハートの中に住まう。この慈悲深く、親しみのある神に出会うためのイニシエーションへと、情熱的に加わりました。このように、バァガバンとアンマは何百万もの家庭の中へと入っていったのでした.ワンネス・ムーブメントの流行が、大衆の問で育まれていきました。その新しい流行歌は、『あなたの個人的な神を知りなさい』です。人々は多様な信仰を持ちつつも、その信仰から、このイニシエーションのため、そして彼らが信仰している神に出会うために、列をなしてやって来たのです1人々はムーブメントを愛しました。 自由はこのワンネス・ムしプメントの大蛮重要なエッセンスです。「宗教とは個人的なものです。あなた自身の宗教を創りなさい。」とシユリ・バァガバンは青います。新しい時代の夜明けは、もう既に始まっていたのでした。信念は捨て去られ、先験的な直接体験に入れ替わりました。

  もはや、神、若しくは霊性は、少数の理想家の特権ではなくなりました。
それは今や、すべての人々の選択権となりました。精神的な革命は、計算された折込済みのものでした。ハートの変化は知覚における変化を必要とし、それはディパインの介在を通してのみ可能なものでした。これがまさに、人々がワンネス・ムーブメントに見出したものであり、アバターであるアンマとバァガバンの本当の目的でした。
ムーブメントは今や、以前にも増して、急速に成長しながら、あらゆるところに拡大し続けました。多くの国から来た人々が、ムーブメントに従い進んで行きました。学園は、大変多くの探究者たちの切望・抱負に適応するにはあまりにも小さく、弟子の人数も、彼らの必要に添って世帯をするにはあまりにも少なすぎました。こうして、スビリチヤルな体制・規律を作る必要があることが明らかとなりました。才能・適性があり、献身的な若い男女のグループが入念に選ばれ、訓練され、人類への奉仕に従事するべくイニシエートされました。
体制は1995年9月4日に創設されました。彼らは自らをアンマ・バァガパンに明け渡すことで、自分たちをアンマとバァガハンの聖なる息寵を届けるための理想的な乗り物となるように作り上げました。これらの僧たちは、全ての人々に恩寵という贈り物を与えて行くために、国中余すところなく旅し、世界の遠い片隅の国にまででかけました。10万人を越える人々の公開集会が、インドの多くの町や都市で催されました。幾千ものセンターが設置されました。責任感に溢れ信頼できる弟子たちが現われ、ワンネス・ムーブメントを、インドのより多くの町や都市、そして広くは世界にまで進展させて行きました。

  この動きと同時に、そのスピリチュアルな体制に属している157人の援助者(僧)たちは、宝性を進歩させ、ついにムクティ(悟り・解放)と言う贈り物を与えられました。(自我が)壊されてしまうこと、それが彼らの変容への鍵でした。長い困難に耐えて築かれてきた彼らのアンマとバァガバンとの絆が、ヂィパインの恩寵の扉を聞きました。その解放・心の平安は祝福です。このようにして、2004年という年は、シユリ・バァガバンのさまざまな仕事における計画の中でも、重要な年となることが予定されていました。この年以降今や、これらの若い弟子たちは、ワンネス・プレッシングつアィクシャ)という勝り物を、アンマ・バァガバンと共に、人々に送り届けることになりました。祈りの技法が習得され、今や探究者たちの中に、彼らの祈りのパワーによって、弟子たちと同様の変容とワンネスをもたらす影響を与えることができるようになりました。パワフルな意識状態を他者へ伝達する力が、彼らに与えられました。人類の問題に対する唯一の解決策は、自己感党の限界を終わらせることです。これが、ゴールデン・エイジへのただ一つの確かな道なのです。変容を受け入れることができない人類のマインド、傭人は、ヂィパインに道を譲る必要があります。現象は発々にワンネス・プレッシング芋ィクシャ)を与えることができるパワーを、祝福と共に与えられ続けています。


15年という短期間で、ワンネス

殺到して訪れてくる群衆に対して、ダルシャンを与えています。数百万人がアンマ・バァガバンのほんの一瞥で、覚醒状態に入って行きます。これらのダルシャンでは、ヒーリングや物質化現象、関係性の改善といった、ありとあらゆる種類の奇跡が、目撃されています。それは、神と顔と顔を合わせて向きあう時代がやって来ているということです。
ネーマンの寺院では、宮の創出、願望成就、ハートの開花、覚醒・ムクティ(解放・借り)と名づけられた人生の四つの目的を達成する、ヴューダに基づいた火の儀式も執り行っています。
シユリ・アンマ・バァガバンによって、塵的生命を吹き込まれた研修センターであるワンネス・ユニバーシティは、ウバラマドゥグの丘からインドで二番目に大きい塩水樹であるプリカットの土手にまで及ぶ、数千エーカーの土地に広がっています。そこは、主要幹線高速道路からは離れたところにあり、チエンナイの街から70キロのところに位置しています。ここでは、インド人と同じように外国人も、マインドの開発から神実現まで、人々の異なる必要に応じて、さまざまなコースが行われています。ワンネス・ユニバーシティは、人問を完全なる存在に近づけ、そして無条件に解放するために存在しています。批判精神・鑑識眼をもった大衆が、人類の意識において変容を果たすことを要求されており、そのように変容した人々が、日々創造されているところ、それがここワンネス・ユニバーシティです。ユニバーシティはワンネス・プレッシングつアィグシャ)の現象に、研修宿泊施設を捷供しています。ここはまた、まもなくオープンする『ワールド・ワンネス・センター』の土地・場所ともなります。  
※ワールド・ワンネスセンター(ワンネス二アンプル)は2008年4月にオープンされています。この文章(美文)は2007年時のものです。

 

プロセス

  地球患槙のワンネスの時代、そして黄金時代についてもたらされているシユリ・アンマバァガバンの崇高などジョンが、ワンネス・ユニバーシティが立脚する基盤です。その名が裔るように、これはスピリチュアルな大学であり、シユリ・アンマ・バァガバンによって且い描かれたワンネスの精神の縮図となっている大学です。あらゆる生業(なりわい)の人々のから寄せられる、異なる要望・必要に応じた多様なプログラムが、ワンネス・ユニバーシティによって行われています。このようにワンネス・ユニバーシティは、かれらの人生の中に、ディパイン・プレゼンス(聖なる存在) への目覚めをおこさせるべく、探究者たちを援助しています。
シユリ・アンマ・バァガバンに払れば、童性の目覚めとは、脳内の肉体的な変容と直接的に結びついています。これが起こるためには、ディパインの恩寵が不可欠です。このヂィパインの恩寵は、ワンネス・プロセスにおいて探究者に伝授されます。このプロセスは、探究者を党竜に導くための一連の特別の祝福を適してなされるよう、デザインされています。プロセスはまた、人々にティクシャ(ワンネス・プレッシング)を与える権限も与えています。ワンネス・プレッシング現象の始まりは、シユリ・アンマ・バァガバンです。    ワンネス・プロセスでは、瞑想的な実習にちりばめられた現代的なセッションが全体の中の一部として含くまれ、シユリ・アンマ・バァガバンによって顕現されたさまざまな真実が、弟子たちによって詳しく明確に解説されています.古代のヴューダによる火の儀式・ホーマや他の重なる儀式も、このプロセスの不可欠な一部分となっています。これらの儀式は、ディパインとのコミュニオンを、探究者のハートの中に確立することを助ける、重要な役割を果たしています。じっくりと自分を見つめ黙想すること、祈り、瞑想、そしてヂィクシャを通して、十分な準備を経た後、探究者はついに二アィクシャのパワーを受け取ることにより、人類への奉仕へとイニシエートされます。すべての参加者はそののち、ティパイン・プレゼンスのための乗り物として、彼らのティクシャ・祝福を通し、大勢の人々の生活の中に入っていくことによって、奉仕することとなります。 ワンネス・プロセスは、シユリ・アンマ・バァガバンから世界中の探求者へ向けた、神聖なる祝福です。この宿泊を伴ったリトリートは、異なる国籍の人々に応じた異なった昔話で、毎月行われており、ゴールデン・シティにあるバッタラヴアランの第2キャンパスが、研修施設として提供されています。このキャンパスは、人類の意歳に影響を与えるために特別に建設きれた有名なワールド・ワンネス・センター(ワンネス・テンプル)に隣接しています。ワンネス・ユニバーシティはチエンナイから90キロのところに位置し、タクシーで3時間のところにあります。冷房が完備した研修宿泊施設は、ワンネス・プロセスの参加者のために役立てられています。収容人員は一部屋あたり12〜20人に及びます。参加者はプロセスの期間中、菜食の食事のみが提供され…ます。   
さらなる詳細は、ワンネス・ユニバーシティのホームページをご克いただくか、メールアドレスあてにメールをお送りください。

 

ワンネスユニヴァーシティについて 

  シユリ・アンマバガヴアンによって設立されたスピリチュアルな組織であるワンネスは、存在するもの全てとのつながりを感じるワンネスの意義状態に人類を目覚めさせることによって、人類の苦しみをその根源から軽減させようとしています。 ワンネスにおける中心的理解は、内なる変容およびより高い意織状態への目覚めは単なる知的理解によるだけではなく、脳の神経生物学的プロセスによるものである、というものであり、脳のそのようなプロセスによって人生に対する理解がまさに根底から再定義されることになります.これはワンネスヂィクシャによって達成されるものであり、ワンネスヂィクシャとは重なる恩寵を転送するプロセスであり、それによってより高い意織状態への旅が始まります。
ティクシャは肉体脳の様々な部分(脳葉)に影響をもたらすと信じられており、その結果としてストレスを減少させ、愛、喜び、気づきのレベルを高めることができます。心を静寂と覚醒へと導くワンネスヂィクシャの効果は世界中の何百万もの人々によって証明されており、今や人間の意織を豊かなものにする非常に筒単で最も効果的な方法であることが徐々に認められつつあります。 以上、公式サイトより抜粋(高楕恵美訳)*ワンネスユニバーシティ・・南インド東部、アンドラプラディーシユ州 チツター地方ヴアラダイヤハレム村にあり、いくつかの広大なキャンパスを擁しています。 日本、及び世界の国々の各所で開催されているワンネス・アウェイク〓ング・コース富農星を修了した人々の殆どが、ワンネスユニバーシティで開催される各種コース受講を希皇しますが、日本国内からも、毎月キャンパスで開かれている「ワンネス・トレーナー・コース」冒寧匡F豊を養成するためのトレーナー資格取得コース)や「ワンネス・ディープニング・プロセス」(より深い目覚めを体験するためのコース)等を受講するため、多くの人々がグループやツアーを組み、参加しています。

 

 
ページtopへ

←元のページに戻る

 

copyright 2007 shuppannshinsya all right reserved